Wooden Space

木のある空間  樹の世界

『出会い』

『出会い』
      
満100歳で逝った祖父は
98歳のときに『出会い』というタイトルの
詩集を出版した。
     
自分が中学生の時、
おじいさんに、聞かれたことがあった。
      
「友人とどんな風に遊ぶのか」
「本を読んで、それについて語り合うことはするか」
    
『え、
 それ、何が面白いの?』 と、
     
祖父が亡くなるまでの自分は思っていた。
     

         
大学時代、本棚いっぱいにあった本も、
引越しの度に減っていき、
リュックひとつで旅するようになってからは、
ほんのわずかしか持たなくなった。
      
その中の一冊が、祖父の『出会い』だった。
      
最近はFBやブログでたまにおじいさんのことを書くし、
      
友達と会っても、おじいさんの話がでたら、
その詩集を渡して、
丁寧に紡がれた詩から
何を感じたか、シェアをしていた。
       

      
今回、出雲に東京の友達が4人来てくれた。
タイから帰った後に、会うことができて、
おじいさんの詩をシェアした友達だった。
     
本当に素敵な方々で、
母も言っていた。
      
「いや〜、みんな大人だね。
 というか、私が子供だわ。笑
 生きてるレベルが高い。
 あんた、素敵な人に囲まれとるね。 」
     
       
けど、みんなも言ってくれてた。
     
「家族も近所の人もあったかい人ばっかりだね。」
「私、お母さんのファンです!友達になりたい!」
      
ウチの母、手紙好きなんで…
と言ったら、すぐ住所を送ってくれた。
     
「おじいさまがつないでくれた
 『出会い』だね〜 」って。

本を読み、語り合うことの価値を
やっと少し、分かった気がした。


     
雲が多いことで有名な出雲だけど、
この期間は、本当にいい天気で、
春の、初夏のひかりが降り注いでいた。
      
     

 f:id:yuuuyuuujiteki:20170605103841j:image

               

友達が東京に帰ってから
祖父の詩集の『ひかり』を読んだ
感想を送ってくれた。
      
「これって、単なる自然描写じゃなくて、
人との出会いを表してるようにも感じられるよね(^^) 」
     
あぁ、なるほど。

たしかに。
     
出会うことで、関わることで、
照らし合ってた。
     
みんな、ひかりなんだ。
     
あ、おれも、
ひかりなんだ ^ ^
     
     
自分のひかりは、
自分では見えないから、
     
照り返されてきた、ひかりを
感じれる自分でいたい。
       

それも、自分1人ではできん。

お陰さまだなぁと思う。

                

本当に、ありがたい。