Wooden Space

木のある空間  樹の世界

分からないことが、大事。

8月6日8時15分

1945年内の原爆による日本人の死者は約14万人。

       

でも、実際の正確な数は分からない。

語り部さんに言われた。

         

「分からないことが、大事なんだ」

          

        

「分からない、

把握しきれないくらい、

規模が大きかったんだ。

悲惨だったんだ。」

          

分からないからこそ、

その悲惨さを想像できる。

           

何か情報を得て、分かった気になるより、

想像力を働かせて、

本当のことを想うことが、大事なんだ。

          

        

なるほど。

       

いくら、資料館に行っても、

当時の凄惨さは、分からない。

          

爆発時の熱線で地表面の温度は1.4秒間

3000~4000℃になったと言われている。

      

服も、皮膚も焼けただれた姿。

     

当時の凄惨さは、分からない。

      

自分の想像力を超えるのか。
自分を守るために
想像力に制限をかけているのか。

       

 

やはり、分からない。  

       

分からないから、
分からないくらい凄惨だったことが分かる。
     

     

分からないことも大事だけど、

      

知ること も大事。

考えること も大事。

想像すること も大事。

   

そして、

知っていること も大事。

     

そう、僕らは知っている。 

    

軽くなったら困る、

イノチの重さを。

    

核抑止力による平和と

思いやりによる平和と

本当はどちらがいいかを。

       

     

じゃあ、何をしたらいいの。

っていう

その次の具体的なアクションに

正解はないとは思うけど、

     

僕がオススメするのは、

毎日ボランティアガイドとして、

原爆を伝えるために平和公園に立ち続ける、

彼に会ってみること!

         

「24歳が原爆を伝えるガイド日記」

http://ameblo.jp/masa7891011

                 

村上くん

原爆ドームの南側の噴水近く、

説明ボードの隣が定位置みたい!

    

最近は、日焼け止め塗って、帽子かぶって

ガイドしてるみたいだけど、

            

めちゃ黒いから目立つと思う 笑

     

f:id:yuuuyuuujiteki:20170523141844j:plain

     

広島に行った際はぜひ!